水素水は濃度が高ければ高いほど効果が期待できる

家族

健康や美容への水の利用

ウォーター

購入時に注意したい点

水素水は美容や健康を目的として利用されるだけではなく、医療の現場でも使用されている信頼できるものです。一概に水素水と言っても含まれている水素の濃度はそれぞれの商品によって異なるため、どれくらいの濃度の水素水を選べばよいのか知っておくことをおすすめします。水素水の濃度を現す単位にはppmが使用されており、これはparts per millionという単語の頭文字に由来しています。100万分の1という意味で、1ppmは1リットルの水に対し1ミリグラムの水素が含まれていることを意味します。水素水を摂取すると全ての水素が体に吸収されるわけではなく、約60パーセントという半分以上もの水素は体外に排出されてしまいます。従って水素水の濃度が高ければ高いほど効果が期待できるということはなく、最も効果的である濃度は1.0ppmほどだと言われています。また美容や健康に対して効果が得られるのは0.4ppmからであるため、少なくともこの数値以上の水素水を選ぶ必要があります。1.2ppmや1.4ppmという水素濃度の水素水であっても、効果は1.0ppmと同程度だということを知っておけば上手に選ぶことができるはずです。水素水にはダイエットやアンチエイジング、デトックスや疲労回復、アレルギーなどに対して効果があります。飲むときには常温で飲むようにすれば体を冷やすことがなく、寝起きなどに飲むようにすると効果的です。