水素水は濃度が高ければ高いほど効果が期待できる

家族

購入時にチェックしたい

水

沢山飲まなくても大丈夫

水素水は多く販売されていますが、選び方のポイントの一つに「水素の濃度」があります。水素水は「身体の中に水素を取りいれ、その水素の働きで健康や美容への効果を期待する」というものになります。そのため、どれだけ水素水を飲んだとしても、濃度が低いものでは身体の中に取りいれることができる水素の量は少なくなってしまうため、あまり効果が期待できなくなってしまうのです。また、水素の濃度が高いものならば少量飲めば良いところを、水素濃度が低いものの場合にはたっぷりと飲まなければいけなくなってしまいますので、水を飲むことが難しいという人や、仕事の都合でトイレに行くのが難しいという人は、途中で挫折してしまう原因にもなってしまいます。水に含むことができる水素の量は、1.6ppmということがわかっています。そのため、水素水を選ぶ時には1.6ppmに近い数値となっている水素が含まれているものを選択すると、少量の水素水を飲むだけでたっぷりの水素を身体の中に取りこむことができるといえます。近年では、1.6ppm以上の水素が含まれている高濃度水素水も販売され始めています。しかしそれは容器の中に圧縮して水素が入っているというだけで、飲むために水素水の封を開けてしまえば途端に1.6ppm以上の水素は空気中に逃げて行ってしまうといわれています。体内に取りいれる水素の量や費用のことを考えると、1.6ppmに近い数値の濃度の水素水を選択するのが良いといえるのではないでしょうか。