水素水は濃度が高ければ高いほど効果が期待できる

家族

なぜ水素なのか

女性

悪い物に対して働く

人の体の中では、細胞内にあるミトコンドリアによってエネルギーが作り出されていますが、その際に活性酸素が発生します。活性酸素は体をさび付かせる要因としてよく知られるようになり、人体にとってはいけないものというイメージがありますが、実は活性酸素には善玉と悪玉が存在します。善玉の活性酸素は、体内の免疫細胞の筆頭ともいえる白血球が体内に入ってきた細菌やウイルスを退治する際に使用するため、むしろなくてはならない必要な物です。これが、すべての活性酸素がいけないというわけではないいちばんの理由です。体を老化させたり、病気の原因になるのは悪玉活性酸素で、この悪玉活性酸素を退治する効果があるとして一躍人気が出たのが、濃度の高い水素水です。水素水がこれだけ注目を集める理由は、体内に入った水素はこの悪玉活性酸素にくっつき、体外へ排出するという効果をもたらしてくれるためです。ただ、水素はその分子量の小ささゆえに、水素水になってもすぐに空気中に蒸発してしまうため、悪玉活性酸素と結合するのに十分な濃度を保つことが困難とされてきました。けれど昨今、そのあたりは企業努力のおかげで高濃度水素水が作り出され、一日程度であれば十分な濃度を保ったまま飲むことができるボトルやパウチが開発されています。これまで飲んでいた水の代わりに飲むだけで、健康にも美容にも働きかけることができるなら始めてみようかなという人が多いのも、簡単で手軽なところが高濃度水素水のいちばんの魅力だからと言えます。